【話題のSNS】マストドンをマンモスでもわかるように書いてみた。

こんにちはマストドン始めましたたくろっくです。

皆さんはSNSの「マストドン」って知ってますか?

2017年4月の半ばごろから爆発的に流行りだしている注目のSNSです。

世界中で広がっていますが、実は現段階では日本のユーザー数が一番多いんですよ。

このマストドンの内容や魅力を簡単に理解できるように説明記事を作ってみました。

マストドンって一体なんなの?

ツイッターのような個別のSNSがたくさんあり、それらの各SNSを集合させたものです。

「ん?余計に分からないぞ、、、。」

という人も多いかと思いますが、現段階では「たくさんの村からなる集落」と考えて、このまま読み進めてください。

 

はじめにマストドンの楽しみ方ですが、基本的なSNSとあまり変わりません。

  • フォロー
  • トゥート(ツイッターで言うとツイート)
  • タイムライン
  • ブースト(ツイッターで言うとリツイート)
  • メッセージのやりとり(ツイッターで言うとDM)

以上が現段階マストドン上で出来ることの一覧になります。

*ちなみに画面はこんな感じ

じゃあマストドンの特徴ってなんなのさ?

ここからが本題です。

先ほど「たくさんのSNSが集まったものをマストドン」と説明しました。

「SNSがたくさんあること」と「各SNSがつながっていること」がマストドンの最大の特徴です。

その特徴を細かく、順番に説明していきます。

マストドンの特徴①

特徴の1つ目は「SNSがたくさんあることです」。

 

「なんでたくさんあるの?」

「1つでよくない?」

と思う方は多いと思います。

 

大きな理由として、マストドンはネット上で作り方が公開されていることが挙げられます。

作り方が公開されていることによって、SNSを個人や企業問わず誰でも作れるようになります。

そのため企業の特色を活かしたSNSや企業のしがらみに縛られない個性的なSNSがたくさん登場していきます。

そして、多くのSNSが登場することでアイディアや機能が共有されてマストドン全体の成長していくスピードが爆発的に速くなります。

 

(マストドンのSNS例)

世界1ユーザー数の多い日本のSNS「mstdn.jp」(後ほど紹介します。)

ニコニコ動画で有名なドワンゴさんが作ったSNS「friends.nico」

ユーザーが鹿しかいないとウワサの奈良県のSNS「鹿トドン」

などなど特徴的なSNSがたくさんあります。

マストドンの特徴②

マストドンの特徴2つ目は、「各SNSがつながっていること」です。

つながっているとはどうゆうことかと言うと、1つのSNSに所属していても、他のSNSで流行っている情報を見ることができます。

1つ前の段落で、マストドンには個性的なSNSがたくさんあると説明しました。
実はそれらの個別なSNS同士は繋がっていて、自分が所属しているSNSの「タイムライン」と他SNSでブースト(ツイッターで言うリツイート)されたトゥート(ツイッターで言うツイート)も含めて流れる「連合タイムライン」という機能が搭載されています。

リアルタイムで流れ込んでくる各SNSのツゥートを連合タイムラインで眺めるのは新感覚ですよ!

マストドンを使ってみよう!

各SNSのユーザー登録をしよう!

マストドンの特徴を理解したところで、早速マストドンを使ってみましょう。

ここでは、簡単にユーザーやアカウント登録方法を説明していきます。

マストドンにはたくさんのSNSがあるので、まずは各SNSにユーザー登録をする必要があります。

いま日本でユーザー数が一番多いマストドンのSNSは「mstdn.jp」です

早速検索してみよう。

すると下の画面が表示されます。

あとは、名前とアドレスとパスワードを入力して「参加する」ボタンを押すだけです。

 

マストドンでアカウントを作ろう!

ここまできたら、今までのSNSのように自由に自己紹介文を書き込むだけオッケーです。

複数アカウントを持てたり、ある分野に特化したSNSがあるので、自分が参加したSNSに合った自己紹介をするとBEST。

ちなみにたくろっくアカウントはこんな感じです。

たくろっくも始めたばかりなのでフォローお待ちしています。

これからは自分のSNSを持つ時代へ

マストドンの特徴で説明しましたが、マストドンでは自分の好きなものを詰め込んだSNSを作ることができます。

僕は佐賀出身で佐賀を盛り上げたい精神があるので、早速「mstdon.saga.jp」のドメインをゲットしました。
これからマストドンの楽しさを体験して、共有できるようにマストドン佐賀バージョンを作ってみます。

ローンチした時は佐賀人でも佐賀生まれじゃなくても誰でも使ってみてください。